【2004年4月27日】 【28日】 【29日】 【30日】 【5月1日】 【2日】 【3日】 【4日】 【5日】 【6日】 【7日】 【8,9日】

2004年5月2日(日) マジュロ(滞在五日目)

 今朝は天気はボチボチ、たまにお日様が。でもちょっと風が強いかな。既に日課になってる朝の買出し、やはりパックジュースとサンドイッチ。そしてショップへ。



ダイブNo:137 ポイント名:ブリッジ
潜水開始:9:51 潜水終了:10:33 潜水時間:42分 最大深度:20.7m 平均深度:12.8m
気温:29℃ 水温:28℃ 天候:晴れ時々曇り 透明度:25〜m

 今日もいつもと同じメンバーで、ガイドは吉居さん。準備完了、天気はいいけどやっぱ風が強い。またラグーン内かと思いきや、海況が安定している早いうちに外洋に行くことになりました。

 風が強く外洋に出る時に、マジュロ唯一の橋の架かった部分を抜けて外洋に出るので、橋の手前のラグーン内で機材を背負って準備。

  橋をくぐって外洋へ。今回初めて外洋に出ましたがやっぱり海の色が濃いです。ポイントは橋のそば、そのまんまブリッジというポイントです。

  みんな一斉にエントリー。ダイブマスター目指して頑張ってるYさんはフロートをリールに付けて曳航、大変そうです。

 いやぁ〜海の色が濃くブルーで綺麗。サンゴも壁にびっしりで底は見えないぐらい落ち込んでいて外洋!!に来たぁぁって感じ。
 群れてるのは中途半端に大きくなったヨコシマクロダイです。
 リーフの上は紫のハナゴイがいっぱいで綺麗です。
 リーフの上だけでじゃなく、ちょっと深いところでもハナゴイが乱舞。
 おおっ大好きなテングカワハギだっ。ちょっとちいさくって可愛いぞっ。
 またまた雄雌入り混じったハナゴイ。綺麗だし群れてるとどうしても撮ってしまう。

  バートレットアンティスは...ブリッジには居ないみたい。同じ外洋のダラップに行かないとダメかな?
 チョウチョウウオもちゃんといるんですよ。日本では稀なオウギチョウチョウウオ
 クチバシの黄色いミナミハタタテダイとかもねっ。
 あっというまの42分。外洋のドリフトは水が綺麗で気持ちいい〜。

 リーフの近くにボートを寄せると危険なので、浮上する前に外洋側に水平に暫く泳ぎリーフから離れてから5mまで浮上。安全停止をしてみんなそろってエキジットです。

  1本目が終わって、また橋をくぐってラグーン内に戻り、アネモネ島にみんな島に上陸してランチタイム。ランチタイム中に今回体験ダイビングのゲストと一緒にガイドの吉居さんは1本潜ってました。

 ランチを終わってYさん夫婦の旦那さん...何を考えたか穴を掘り出し??何かと尋ねたら、なんと落とし穴!。ん〜誰かひっかかる人が居るのだろうか?いや人ではなくブタとか??


ダイブNo:138 ポイント名:ボクラップ
潜水開始:13:07 潜水終了:14:09 潜水時間:62分 最大深度:12.1m 平均深度:7.9m
気温:30℃ 水温:28℃ 天候:晴れ時々曇り 透明度:25〜m

 2本目はボクラップのポイントへ。ボクラップ?ボコラップ?よく呼び方が判らない。Bok-ollapと書くらしい。

 ここは去年の秋にマーシャルズダイブアドベンチャーの掲示板で綺麗な蛍光オレンジのイソギンチャクにスリーバンデッドアネモネフィッシュが居ると聞いていたポイントです。

  まず最初に噂のイソギンチャクへ。 なんでこんな色をしてるんでしょう?たぶんシライトイソギンチャクなんだけど...聞くところによると真っ白なシライトイソギンチャクは褐虫藻が抜けた状態だそうで...でもオレンジは不思議な色。

  さらにスリーバンデッドの卵も右上にありますね。

 このイソギンチャクの近くのサンゴの根には、ミクロネシアの固有種イエローカーディナルフィッシュが居たり...

 ネッタイミノカサゴが居たり...
 更にはハナミノカサゴも居たりして。結構楽しいです。
 もちろん浅場のサンゴにはデバスズメダイクジャクスズメダイがいっぱぁぁぁい。
 ちょっと日焼けして?真っ黒になりすぎのダスキーアネモネフィッシュ。ここまでくると熱帯魚屋さんのレッドアンドブラックの方が当たってますね。
 きょうも頑張ってワイド撮影。でもしっくりこないんだよね〜。明かりが足りない!?
 ん〜天気はまずまずなんだけど、やっぱりイマイチ。
 ダイブマスター目指してるYさんが張り付いてたサンゴの根。

 何があるのかと思ったら超可愛いスリーバンデッドアネモネフィッシュがぐるぐる泳いでる。

  場所、譲ってくれてありがとう〜。
 で、今回の一番の出来かもしれない、超可愛いサンボンセン君。

  紫の綺麗なタマイタダキイソギンチャクのトンネルから、恥ずかしそうにちょっと顔を覗かした感じで最高。
 これはヒメダテハゼ。目の上の3個の黒い斑点が見分け方のポイント。
 判るかな??黒いタコと茶色のタコ

  ツンツン棒でつっついて移動すると変色するの面白い。

  んで、近くに居たYさん御夫婦をここに呼んで実演。滅茶苦茶喜んでくれてこっちもうれしかったぁ。ガイド冥利に尽きます...って自分はガイドじゃないって。まぁここは100%フリータイムで、みなさん完全自由時間でした。
 最後はやっぱりチョウチョウウオですねっ。ということでフウライチョウチョウウオをどうぞ。

 たぁ〜〜ぷりフリータイム60分越え。ガイドの吉居さんは??ず〜〜っとオレンジのイソギンチャクに張り付きっぱなし(笑)。でエキジットしてきて一言「エアーが無くなったぁ」と。ランチ休憩で体験1本使ったタンクなんですから〜納得。
 2本終わって港に戻って後片付け。Yさん御夫婦は明日は潜らないでフィッシィングボートを半日チャーターするそうです。釣れるといいですねぇ。

 ログ付けは5時からということで解散です。


 部屋に帰ってシャワーを浴びて...デジカメのデータを吸い上げたりして...。眠くなってきたので今回初めて昼寝!Zzzzzz.....。

  気付いたらなんと5時回ってる!!!!あわてて部屋を飛び出してショップへ。20分ぐらい遅刻してしまった。 そんでもって...「ぴぃさん寝てたでしょ...」と言われた時にゃぁ、笑って答えるしかしょうがない(恥ずかしい)。

  ログ付けも終わって、今日の夕飯は吉居さんが一緒に食べましょうと誘ってくれたので、RREホテルのタイドテーブルレストランで皆さんと夕食と相成りました。

  あいにく大きいテーブルは空いてなかったので、隣通しの4人がけのテーブル2つを占拠して、みんなでビールをオーダー。食べ物は一度見てみたかったラージサイズのピザに、エビのフライやらステーキやら盛りだくさん。最後のほうは大好きな白ワインも程ほどに飲んでちょい酔っ払い。今回も$17ぐらいだったかな?なんか毎日小宴会、潜って食べて飲んで...楽しい仲間達ですハイ!。

 さすがに部屋に帰ったらバッタンキュ〜でおやすみ。でも昼寝したから3時過ぎに一度目が覚め、夜空を眺めるともうすぐ満月で、明日から大潮。でも風が強くて雲が凄い勢いで流れていく。このままどんどん雲が流れて天気が回復しますように...。

【2004年4月27日】 【28日】 【29日】 【30日】 【5月1日】 【2日】 【3日】 【4日】 【5日】 【6日】 【7日】 【8,9日】

TOPへ
(マジュロ最新情報はブログで公開中)